Art(アートを身近に)Heart(心に響くつながりを)Artist(若手美術作家の輝きへ)

AHA Gallery Project

お知らせ

ゼロから分かる版画の魅力

投稿日:

オンライン 無料イベントを開催します!

日時:5月27日(木) 20:00〜21:30

タイトル:ゼロから分かる版画の魅力

気軽に参加していただける無料セミナーです。
下記リンクよりお申し込みください。
https://www.kokuchpro.com/event/aha202105/

(1)参加費

無料

(2)申し込み

こくちーずより申し込み下さい。
申し込み返信メールに当日のzoomのURLを掲載します。
参加は申し込み者のみに限定となりますので、当日のzoomに名前を入れて参加下さい。

(3)セミナー内容

アート初心者の方に向けた、陶芸を題材としたアート入門セミナーです。陶芸の創作を中心として活躍している若手美術作家が講義を行います。
アートに興味はあったけどなかなか一歩を踏み出せなかった方、当セミナーをきっかけにアートの世界に触れてみませんか?
当セミナーの講師は陶芸作家ではありますが、皆さまが想像している“陶芸”とは、やや趣が異なるであろう作品を創作されています。
陶芸と聞くと「古臭い」「地味」、「民藝」や「器」という印象を持たれるかもしれませんが、新たな魅力に触れられるかもしれません。
当セミナーでは、技法や展示方法など、実際の創作現場をご覧いただきながら、アートの魅力を丁寧に説明させていただきます。

(4)スケジュール

5月27日(木) 19時50分~zoom受付
①20時00分~20時10分(10分) zoom操作・AHA Gallery Projectの説明
②20時10分~21時00分(50分) アート講義
アートのジャンル:版画
1)版画基本!4版種+その他の技法紹介
2)サインの見方、作品のここに注目
3)版画を見るならこの美術館&ギャラリー紹介
4)アーティスト作品紹介
※上記内容はあくまで参考例になりますので当日の話の流れで変更となります。
③21時00分~21時15分(15分) 質疑応答
④21時15分~21時20分(5分) 今後のAHA活動のご紹介とアンケート
※時間はおおよその目安となります。

(5)講師

【氏名】
北嶋 勇佑(きたじま ゆうすけ)

【経歴】
1989年 東京都生まれ
2012年 武蔵野美術大学 造形学部 建築学科 卒業
2014年 武蔵野美術大学大学院 造形研究科 修士課程 美術専攻 版画コース 修了
現在 日本版画協会 準会員

【受賞歴】
2012年 日本版画協会 第80回版画展 入選(以降‘13‘14‘15)
2014年 第9回大野城まどかぴあ版画ビエンナーレ 審査員特別賞受賞(以降第10回同賞)
2015年 ビエンナーレOME2015 入選
第6回山本鼎版画大賞展 入選(以降、第7回入選)
第9回飛騨高山現代版画ビエンナーレ 入選
2016年 日本版画協会 第84回版画展 A部門奨励賞(準会員推挙、以降毎年出展)
FACE 2017 損保ジャパン日本興亜美術賞 入選
2018年 ヤングアーティスト公募展「いい芽ふくら芽2018」入選(以降2021入選)

【芸術活動(オリジナル版画作品の発表)】
2015年 初個展「Colorful Diaries」(Gallery FACE TO FACE/東京)
個展 「Colorful Diaries“turn the page”」(ガリレア青猫/東京)
2016年 個展「威圧的・刺激的/あるいは平凡」(GARELIE SOL/東京)
個展「平凡ヒーロー」(ガリレア青猫/東京)
2017年 個展「そこにあるもの」(池袋アートギャザリング企画内/東京)
個展「威圧的・刺激的あるいは平凡-❷」(GARELIE SOL/東京)
2018年 個展「カップの中には」(ガリレア青猫/東京)
個展「新世代への視点2018 メルルーサの塩焼き」(GARELIE SOL/東京)
2019年 個展「façade ファサード」(Gallery FACE TO FACE/東京)
二人展「濱田路子・北嶋勇佑」(養清堂画廊/東京)
個展「ブレイクたいむ」(伊勢丹新宿店)
2020年 個展「サマーガーデン」(伊勢丹浦和店)
個展「Horologe 時計絵画」(高島屋日本橋店S.C.本館)
2021年 個展「vital faces」(Gallery FACE TO FACE/東京)
その他グループ展多数

<活動の方向性>
アートをもっと身近に感じてもらいたい。その想いで誰もが見たことがあるモノを題材に作品を作っています。
木版画とモノタイプ(1点刷り版画)の技法をミックスした独自の手法を用いて、何気ない日常や、日用品、旅先の風景など、暮らしの中で見つけた1コマ1コマを描きます。モチーフのポップさと油絵具の力強さを併せ持つ画風は、絵画的でもあり、版画では類をみない技法です。
作品本来のもつ魅力は画像ではなかなか伝わりません。アートであるからには本物(実物)だからこそ伝わる、伝えられる事を探求しながら制作を行っています。
最近は日本人に親しみのある「花鳥風月」をテーマに制作を行なっています。今はまだ1枚の絵に全てを込めることはできないのですが、昨年は「花」、今年は「鳥」に重点を置き数年間かけて一つずつ深めていきたいと思っています。

-お知らせ

Copyright© AHA Gallery Project , 2021 All Rights Reserved.